Diving・沖縄を初めとする旅行記などなどを気ままにつづっていきます・・・


by happy-marine
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2006年 04月 ( 10 )   > この月の画像一覧


ケーブルカーから天空露天風呂を目指す。どんなだろう~?
f0023210_1584688.jpg
ケーブルカーの中から期待で見上げたカンジ
f0023210_1594652.jpg
ケーブルカー外から見るとこんなカンジw

f0023210_21439.jpg
着いたぁぁ♪♬♪ワクワクワク
f0023210_23463.jpg
半兵衛の家という休憩処。なかで囲炉裏がたかれている。
軒先はいい風が吹いてきて、昼寝にするにもうってつけ!

そして待望の露天風呂!
見晴らしがよくて、思いっきり伸びをしたくなる♪
露天のすぐ横に休憩処もあるので出たり入ったりがラクちんで2~3時間くらい
出入りしちゃった。
映像は・・・諸事情により・・・割愛させていただきますw

露天イメージはこちらでお楽しみください^人^ ↓

☆ホテルかずら橋
http://www4.ocn.ne.jp/~iya/top.html

[PR]
by happy-marine | 2006-04-27 21:40 | Travel

さてっと。
ようやくの思いで渡ったかずら橋。
今だからできる余裕しゃくしゃくの笑みで河原に降りて、見上げてみた。
やっぱり結構高かったじゃん・・・。
f0023210_12893.jpg


さてスリルの後はお腹が減る!
f0023210_1323358.jpg
というわけで、そば粉だけでつなぎを使わない『祖谷そば』をいただきます!
つるる。

ごはんの後は、温泉好きの血が騒いで、『天空露天風呂』の名前にひかれてホテルかずら橋へ

☆天空露天風呂への道のり
f0023210_1465547.jpg

つづ~く☆

[PR]
by happy-marine | 2006-04-27 00:37 | Travel

はい!続いて3日目。
今回、旅を企画した中で、ゆいいつ?私が主張したところ。
3日目の小学生的夏休みのテーマは渓谷めぐり・・・というか、どちらかといえば、小3くらいになって、初めて、田舎のおじいちゃんの家へ1人で旅したよ
的な雰囲気のただようところで妙にワクワクしちゃいました☆

☆祖谷渓

f0023210_38674.jpg
高松からの出発は、なんと1両の電車!
なんかホント遠足に行くみたいだなぁ~~~。出っ発~~~!!

f0023210_392179.jpg
駅も無人・・・どころか・・・はたしてここで降りたら、どこに行けるんだろう???
なんか昔見た景色ってカンジで、心癒される~

f0023210_3223494.jpg
なんと、線路が2本あるから、単線ではないんだなぁ~って思ってたら、スイッチバック!2回切替して、もう1つの線路へ。

無事、阿波池田の駅について、ここからはバス。
ごく普通の一般のバスで地元のおじさんとかも乗って、運転手さんと大声で話してるwのどかだな~♪
窓の横を流れる祖谷川を見てたら、祖谷渓にさしかかった。
バスが止まったのでバス停で降りる人がいるのかな?と思ったら、「観光で来てるんだよね?せっかくだから渓谷みてきなよ」ってバスを止めて、5分くらい休憩してくれた♪

f0023210_316191.jpg
こう見えても、結構高さがあるの。でも緑まぶしい山に囲まれて、気持ちのいい風が吹いてたな~


さて。さて。次は日本三大奇橋のひとつと言われているらしい。

☆かずら橋
祖谷(いや)川のV字谷・祖谷渓(いやけい)にかかる吊り橋で、長さ45m、幅2m、野生のシラクチカズラを編んで造られている。谷底からの高さは約14m!
由来は、その昔平家が源氏に追われて逃げるときに、カズラで橋を作って渡ったのが由来だとか。。。
せっかく来たんだから、渡ってみなくちゃ♪
高所恐怖症とかじゃないし、Let's Go! って勢いよく、踏み出してみたところ・・・
f0023210_3112659.jpg
結構コワイ!いや結構なんてもんじゃなく、コワイ!!
いっぱい人が乗ってるとゆら~りゆら~り揺れるし、一度止まったら、動けなくなった・・・。

f0023210_3114830.jpg
中には、真ん中まで来たのに、あきらめて戻る人も・・・。ふぅ=3 あともう一息でゴーーーール!!

つづく☆

[PR]
by happy-marine | 2006-04-24 22:02 | Travel

2日目の小学生的夏休みは社会科見学的1日でしたぁ~!
倉敷から、念願の瀬戸大橋を電車で渡ります。
f0023210_1745399.jpg
海が見えるとやっぱりワクワク☆
電車から降りた後は、瀬戸大橋記念公園に行きました。

☆瀬戸大橋記念公園
http://www.setoohhashi.com/

結構、瀬戸大橋を建てるにあたって、ケーブルを通したり、アンカレイジを建てたり・・・
どんな工程だったか、何が大変だったみたいなコトが、
写真や声の説明や動く模型ちっくみたいなので説明されてて、
意外や意外!なことに結構おもしろかった!!!

でも。社会科見学みたいでしょW

☆東山魁夷せとうち美術館
http://www.pref.kagawa.jp/higashiyama/index.html

<作品紹介>
http://www.pref.kagawa.jp/higashiyama/guide/possession.html

今度はこれまた美術の時間。
東山魁夷はやっぱりすごい!と思った。
よく白馬の絵があるけれど、小さい頃、母親に日展に連れてかれたときにみた「白馬の森」
とかあったりして。そして「緑響く」という作品が見れたのはうれしかったかも。

あとデジタル設備?が充実してて、彼の作品のすべてがデジタルのパネルをさわると
好きなようにスクリーンに映し出されて、その美術館にない作品も見れるようになってたのが
すごいと思った。
テーマ別とか、年代別で見られるの。
思わず、自分が生まれた年の年代を見てみた。
すくなかった・・・。&特にスキな作品はなかった・・・(;o;)


[PR]
by happy-marine | 2006-04-24 01:30 | Travel

さて。予告していた、小学生の夏休み的旅行。
第1日目はまず中国地方。
中国地方は出張で広島に1度行ったことがあるのみ。
もし、今、中国地方に行くなら、広島ですよね~?w
さて中国はどこに行こうか迷って、実は、萩・山口にも行ってみたい理由があって、いろいろ迷った挙句、ここに行くことにしました。

小学生的夏休み1日目は、歴史探訪的倉敷。
なんか昔、社会科見学とかでお城とか遺蹟とか見に行ったりしたよね~。そんな雰囲気のする町。

f0023210_17391592.jpg
白壁・なまこ壁の町屋や土蔵が並んでる川沿い。柳も風流なカンジ。


f0023210_17393812.jpg
大原家別邸緑の屋根が有名らしい。
今橋より

☆大原美術館
http://www.ohara.or.jp/200511/jp/menu.html
f0023210_17395279.jpg
さて。れっきとした1番?の目的地
大原美術館にはモネの絵が2点あった☆

あんまり絵に詳しいわけじゃないのだけれど、モネの絵が好き。(すごいよくありがちな日本人っぽい(((^^;))
何がきっかけで?いつから?なんで?って言われてもわからないけど、気づいたら好きだったw
なんだろね。難しいコトもあんまよくわからないんだけど、色をポンポンと置いて、近くでみるといろんな色が重なってるだけなのに1歩2歩3歩…と離れてくと、それが花だったりにちゃんと見えてくる。それに感動できるからなのかな

クロードモネの作品
☆Claude Monet
睡蓮
http://www.ohara.or.jp/200511/jp/1_web/1/exh/026.html
f0023210_7431661.gif


積みわら
http://www.ohara.or.jp/200511/jp/1_web/1/exh/027.html
f0023210_7434714.gif


あと、ここの一番の目玉は↓だと教えてもらった。

ジョバンニ・セガンティーニ
アルプスの真昼
http://www.ohara.or.jp/200511/jp/1_web/1/exh/012.html
f0023210_7441735.gif
これまた、ひたすら線が何本も何本も重ねられて表されてる。空ひとつでもいったい何色、何本の線が重なってるのかな~

[PR]
by happy-marine | 2006-04-21 00:33 | Travel

いちばんさいしょ


まさかね。
こんな風にDivingでつながって、恩納村にあるShopの集まりで
(しかもなぜかin東京)
掲示板や日記でみかけたあの人・この人と飲める日が来るなんて、
まったく予想もしなかったよね。うれし楽しな日ですね★

3年前のあの日。
初めてあのショップを訪れた日。
そしてライセンスをとって2年ぶりでドキドキしながら潜りにいった日。

初めての沖縄ファンダイブの最初のポイントは

☆ミニドリームホール
小さなお願いごとのかなうホール。
どうやら、私、すっごい祈ってたらしく
「一番最後までお願いゴトしてたよね」って、つっこまれましたw

☆クロスライン
日本で見られるクマノミ6種類のうち、4種類見られるって説明を聞いて
な~んてしあわせ☆て思った

ちなみにチープカメラ派?な私ですが、何か?
そして、↓の写真たち、何で撮ったと思います??w
f0023210_233119.jpg
美しく撮れるものです!さすがプロ~~~い!!
さささんが撮ってくれた1枚

f0023210_23312270.jpg
私はがんばってもこれがいっぱいいっぱい。

[PR]
by happy-marine | 2006-04-14 01:31 | Diving

恩納村


恩納村にいきました。
とは言っても、池袋にある恩納村。
みなさん、ご存じの方も多いですが、Marine Diving Fairがありました。
写真展でいろんな海を堪能☆
なんと一番最後の壁で、かおりちゃんの作品を発見しました!おめでとう★

TDIのコーナーでサボり中?(ご本人いわくw)の拓さん発見!
拓さんに案内してもらってれて、恩納村ブースに到着!
お久しぶりです!の方、初めましてな方☆
初めましてなのに、いろいろ書き込んだりして頂いてるせいか、初めましての気がしませんw
夜はみなさんいろいろお話させて頂いてありがとうございました!
とても楽しい時間を過ごすことができました☆

恩納村ブースでガイド名鑑?wをもらいました。
f0023210_19531582.jpg

最後の方のページに見慣れた顔が写ってます。
最初の方には万座のポイントやお魚の写真があります。
ポイント名をみて思いをはせます。今年はどこに潜れるかな?

好きなポイントっていろんな意味でいろいろありますよね。
私は一瞬『宮古島のガオー』?って思ったんだけど、
あ。でも本島(恩納村)のポイントで答えようかなって思ったら、
口から出てきたのが「瀬底島ラビリンス」
あれ?これも恩納村じゃぁないよね^_^;
でもちゃんと連れてってもらったんですよ~。万座に出航できなかった「うんな祭り」の時。
案の定つっこみ入ったのでw、「万座ならクロスライン」
あっちもこっちも答えて、欲張りだなぁ・・・、私。。。
でも初めて万座で潜った日に潜ったところ
サンゴの道と、卵やちびっことか、いっぱい会えたクロスライン。大好きです。

みなさんはどこが1番って答えましたか?

[PR]
by happy-marine | 2006-04-10 09:29 | Diving

【予告】小学生の夏休み


こんばんはぁ~!
さて。さて。次は夏休みの旅行記をUPする予定です~☆
夏休みは小学生の夏休みみたいな気分が味わえました。
おじいちゃんの家に遊びに行く みたいな雰囲気の。
f0023210_2235766.jpg


[PR]
by happy-marine | 2006-04-05 23:20 | Travel

sakura


お花見が雨のため中止になったのだけれど、満開を逃すのも、ザンネンな気がして、外出ついで散歩がてら砧公園まで足を伸ばしてみました。
f0023210_293135.jpgレンギョウと桜並木

f0023210_284823.jpg青い空と桜っていう組み合わせもいいけれど、
雨露に濡れた桜もまたいいものじゃありませんか?

f0023210_2154382.jpg木の中心(幹)から見上げる

f0023210_216964.jpg木の中心(幹)から枝ごしに外を見る
枝が切られず伸びっぱなしなので、こんなに地面に近いのです

f0023210_294489.jpgつぼみがあるからまだこれからも咲くかな?


[PR]
by happy-marine | 2006-04-02 23:55 | Event

今日から4月。というわけで、スキンを変えてみました。
そして。ようやくこれを書くことができたよ~。修善寺旅行。
f0023210_20412275.jpg竹林の小径より。
いつもスキな太陽見上げ系なカンジ☆

ちょっと友人とのんびりしに旅にでた修善寺。
当日の宿泊先はラフォーレ修善寺
ラフォーレの中はとにかく広いんですよ。
私達が泊まったホテル棟は一番東の端っこ。そこからはじまって10面以上のテニスコート・体育館・ゴルフコース・コテージ棟も10棟くらいあって、研修センターも(説明より見てもらった方がわかるかな↓)
http://www.ozmall.co.jp/Onsen/spot/vol2/back5.aspx#spot

チェックインをした後、町に出て温泉情緒を楽しむか、ラフォーレ内を散歩するかを迷った結果、ラフォーレ内でクラフト工房ちっくなのをみつけて、行ってみることにしたの。
ホテルの入り口には車体の横に緑の文字でLaforetと書かれたラフォーレバスが、ドアを開いて止まっています。
そうなのです。あまりに広いため、敷地内を走るバスもあるほど。
それにしても中を走るのには大きいなぁとは思った。思いました、確かに!
でも後ろに止まっている小さめのマイクロバスはドアも閉まってて、まったく乗せてくれる気配はないし・・・。外へ行く(駅への送迎)バスじゃないよね って思って時刻表を見てみたけれど、やっぱり送迎バスはその時間付近にはなかったので、私達も安心してその大型バスに乗り込んだのでした。

バスの中は私と友人の2人っきり・・・。と思いきや、入り口からボストンバッグを抱えた人達が入り口からぞろぞろ・・・。あっという間にバスは満員。そしてとうとう普通の席には座りきれず、補助席に座る人も・・・って勢いで満員に。
これからテニスでもしに行くのかな・・・。ずいぶん大きなサークルっぽいな。

と思ってたら、中で点呼をはじめた。しかも前から順に「1・2・・・」とか番号言ってってるけど、案の定途中でわけわからなくなって、やり直しになってるよwww
友達と「なんか要領悪くない?」「一般人(自分達のこと)もいるんだからもともと乗り込む前に人数確認するとか、入り口で誰かがちゃんと数えればいいのに・・・」なぁんてコソコソ話してました。

さて、エンジンが本格的になって出発のよう。
と思っていたら、ホテルの中からホテルの人達がぞろぞろと出てきて、お辞儀とかしたりしてる。なんとなく、お見送り・・・な雰囲気。
なんか、イヤ~~な予感。
「これってまさか、外行っちゃったりしないよ・・・ね・・・?」

とは思っても、もうこのバスからは降りられない!だって私達より前に補助席の人が2人も座っているもの。この人達をまた立たせるなんてできないし、かと言って運転手さんに「これってどこ行くのー!?」と叫ぶようなこともできない状況。

とりあえず、様子を見てみよう。バスはゆっくり走りだして、坂を降り、もうすぐ分岐点へ。
右へ行けば、ラフォーレ内循環、左へ行けば・・・外だ。
「右へ行け!右ーーーーーっっ!!」

私達の願いもむなしく、バスは左へ曲がった。
「どうする・・・?今さら、降ります・・・なんて言えないよね・・・」
「とりあえず、あきらめて駅まで行くしかないかぁ・・・」
「でも時刻表に載ってなかったのにね~」とコソコソ話を続ける私達。

そんな時一番前に座っていた人が立ち上がって後ろを向いた。そして大きな声で
「はい。みなさん研修お疲れ様です~!来年もまた新入社員にこういう研修をするので、ぜひみなさんの意見を聞きたいと思うので、これからアンケートを回します。あとで回収するので、バスに乗ってる間に記入しておいてくださいね~!」

えええ!!もしかして、これってもしかして貸切バス!?だから時刻表に載ってなかったとか?
大きな顔して乗ってたけど、そもそも私達が間違い?(-∀-)(-∀-)(-∀-)
しかも。私達が乗っていなかったら、人数ピッタリで補助席の人達も普通に座れたんだ。
気づいた途端2人とも、おかしくって笑いがとまらなくなってしまった!
でも気づいてしまった以上、身を小っちゃくして、なるべく多くの人にバレないように、この時間が過ぎることを祈るしかない2人。
クックック・・・とこっそり笑いころげてたけど、声をひそめようとするほどおかしくって笑いがとまらない・・・。

「早く駅につかないかな・・・」って思うほど、バスに乗っている時間も長いような気がしてきた・・・。そして、信号で止まったその道路の上には、高架が走っている。高速だ。
どちらともなくつぶやいた・・・。「まさか、このバス、高速のって、このままこの人達の会社のあるところまで、連れて行かれる・・・とかいうオチはないよね・・・?」「・・・。」

でも冷静になろうとして、考えてみる。「でもバスはLaforetバスだったから、普通の団体様旅行用のバスじゃないよ・・・。たぶん・・・。」推測というよりは願い。

ちょっと言葉をなくしかけているそんな私達にもアンケートは回ってきた。もちろん用紙は取らないで後ろの人に回したけれどねw
前後の人達にはしっかりバレてるみたいで(そりゃわかるよねw)アンケートを回す時、前の人にも後ろの人にも「すいません」って謝られた。
いえいえ。謝るのは私達の方です。勝手に乗り込んじゃってすいません。。。

ますます身をちぢこめる私達の存在に気づいているのか気づいていないのか。
一番前に座っているチューターはしゃべり続ける。「今度11月にイベントがあって、手伝える人には手伝ってほしいので、みなさん帰ったらスケジュールを確認してくださいね。質問がある人~?」まったく私達はいないかのように場の雰囲気は続いていく・・・。

「早く降りたいね・・・」と窓際に座っている友達の方を向いてコソコソと話す。隣の方での会話がBGMのように耳に入ってくる。「ゆかり~、ゆかり~・・・」
・・・かと思っていたら、突然それは起こった。
「ねぇ、ゆかりってばぁ~っ!!」って通路をはさんだ隣の席に座っていた女の子が勢いよく私の肩をたたいたの!
えええ!!!私ですかぁぁ~~っっ!!
ビックリのあまりいつもの1.3倍くらい目を見開いて振り返る。

当然のごとく彼女は「あ。すいません!」
なるべく存在を地味に隠しておきたい私。あまりそっちを見ないようにして、そっけなく「いいです。」って言ったら、そのそっけなさを何を勘違いしたのか、追い討ちをかけるように「本当にごめんなさい!すいませんっ!!」ってとっても熱心に謝ってくれちゃったよ。
お願いだから、もうそんなに目立たせないでください~~~!!
ふと横を向いたら、友達がつっぷして、涙目になるくらい、静かに笑いころげてる。

向こうの女の子も隣に座っている友達に「なにやってんのよ~~!」ってつっこまれてる。
「だってゆかりに横顔のカンジがそっくりだったんだもんーーーー」
ちょっと、ちょっと!!新入社員のあなた達とはもうお肌具合が違いますよ・・・。
とは思いつつ
「新入社員ぽいフレッシュオーラがただよってたのかなぁ~?*^▽^*」
「それはどうかな・・・ ^_^;」

とにかく、頭の中でフィードバックしちゃって、おかしくておかしくてしょうがない。
でも声を出して笑えないので、苦しいこと、苦しいこと!
そんな苦難を乗り越えて、ようやく私達の心配もどこへやら、駅が見えてきた。

「とりあえず、地味に降りたいし、一番最後に出よっか・・・」
「いや。むしろ、このまま乗り続けて、ラフォーレに戻るって手もあるよ」
前から順番に降りていって、私達の列になったとき、動かなければ、後ろの人達が自動的に降りていくだろうと思っていたのに、私達の相談もむなしく
「どうぞ」と後ろの人に声をかけられた。
ありがとう。礼儀正しいのね・・・あなたたち +_+
しょうがないのでバスを降りる。
そうして、ようやくの思いで彼らに別れを告げたのでした・・・。

せっかくバスを降りちゃったので、明日行く予定だった竹林の小径へ行くことにした。
竹林の小道の行きかたをインフォメーションセンターの人に尋ねてみる?
「竹の小路へはどうやって行けばいいですか?」
「たけのこみちぃ~?」
あれ?有名な観光スポットのはずなのに、なんだこのレスポンス?
友達が割って入ると「ああ!竹林の小径ですね!」
どうやら、「筍道」に聞こえたらしい・・・。
説明してもらったのはいいけれど、案の定、友達がまた隣で笑いころげてる。

☆竹林の小径f0023210_20401329.jpg


笑い疲れて、お腹が減って行った甘味所。川を目の前に見ながら、風情あるカンジ。

☆竹の里 水ぐち
http://www.ozmall.co.jp/Onsen/spot/vol2/back5.aspx#spot

(参考)
☆茶席 一石庵
http://www.ozmall.co.jp/Onsen/spot/vol2/back4.aspx
こっちは部内旅行で行った時にいった甘味所。黒米餅が気になりました。

翌日は帰りに友達の情報により、三島で下りてうなぎを食べて帰りました。
☆桜家
http://www.sakura-ya.net/
f0023210_2151054.jpgさすが安政三年創業!

こうやって笑と食の旅は幕を閉じたのでした。

[PR]
by happy-marine | 2006-04-01 21:06 | Travel